フサフサラボ
  • 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2017年09月28日
夫婦 カップル

男性であればほとんどの方が年齢とともに抜け毛が増え薄毛を気にするようになります。

近年では女性の薄毛の悩みもかなり増えてきましたが、やはり「ハゲの悩み=男性」というイメージが強いですね。

でも悩むのは薄毛の男性だけではありませんよね?
そう、旦那さんや彼氏の薄毛に悩むのはなにも本人だけではないのです。

薄毛の旦那さんや彼氏奥さんや彼女である”あなた”だって苦痛を受けることになります。

薄毛のパートナーのことでこんな悩みを抱えていませんか?

  • 結婚前はフサフサだったのに、ハゲてきたせいで旦那を見るのが辛い
  • いくら服装に気を使っても頭がハゲてちゃ・・
  • デートなどで一緒に歩くのが恥ずかしい
  • 幼稚園のイベントでうちの旦那だけハゲてる・・
  • まだ20代なのに前頭部の薄毛が気になる
  • 仕事があるので坊主になんてできないし
  • 男性のはげ薄毛の対策はよくわからない
  • 病院で治療なんて大げさすぎて、検討していいものかどうか・・

こんな時、妻として、彼女としてどう対処したら良いのでしょうか?

ここでは男性パートナーの薄毛を改善する方法と、妻として彼女としての正しい接し方などを一気にご紹介します。

男性の薄毛の原因を知る!

まずは男の薄毛はなぜ起こるのかを理解する必要があります。

実は男性の薄毛の根本原因は近年増えている女性の薄毛(FAGA)と同じですので、いざという時には貴女の薄毛対策にもなるので知っておいて損はありません。

ハゲ薄毛の原因はいくつかあるので、それらに総合的に対処する必要があります。

以下でそれぞれ見て行きます。

食習慣

料理好きの奥さんがいれば食事のバランスを保つことが比較的容易ですが、
普段は一人暮らしの彼氏であれば栄養バランスの悪い外食や弁当などに頼る生活も多くなります。

髪の毛も食事の栄養から作られますが、必要な栄養素が足りないと生命活動において重要性が低い毛髪にはなかなか届きません。

睡眠習慣

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を盛んにし発毛力を高めてくれますが、睡眠時間の確保が難しい、毎日寝る時間がズレるという場合は睡眠の質が下がり発毛力は落ちてしまいます。

酒、煙草などの嗜好品

過度の飲酒は後で述べるホルモン系の薄毛誘発物質を増産しますし、喫煙については頭皮の血行不良を強力に助長することになります。

ホルモンの影響

実のところ男性の薄毛の原因の大部分を占めるのが体内のホルモンの影響です。

上記の基本的な悪習慣がこれを助長する形で薄毛はどんどん進行していきます。

ホルモンの影響については次の項で詳しく解説していきます。

ホルモンがカギを握る!男性型脱毛症AGAの特徴と機序

貴女の旦那さんや彼氏の薄毛は次のどれかのタイプに当てはまるはずです。

M字タイプ

両方の生え際の薄毛が徐々に上に向かって進行していくタイプ

U字タイプ

前頭部の薄毛が頭頂部に向かって進行していくタイプ

O字タイプ

頭頂部で円周上に薄毛が広がっていくタイプ

複合タイプ

上記の複数のタイプが併発するもの

テストステロンとジヒドロテストステロン

男性の場合以下で述べる薄毛ホルモンの発生量が部分ごとに多くなることから薄毛の発生個所に特徴がみられます。

男性の体では元々生殖機能や男性的な体つきを作るためにテストステロンというホルモンが多く分泌されているのですが、これが思春期以降は加齢に伴って活性力の強いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されてしまいます。

DHTは毛根にある受容体と結合すると、ある種の信号を発します。
脱毛信号などとも呼ばれますが、毛根のヘアサイクルを乱す作用があるものです。

人の毛根はそれぞれが独立したヘアサイクルというものを持っていて、4年~6年程度の成長期の間に毛髪を成長させ、その後は髪の毛の成長が止まり、脱毛して次の新しい髪の毛を生みだす準備を行います。

発毛→成長→脱毛→また発毛というサイクルを繰り返すわけです。

ところがDHTはこのうちの成長期の期間を縮めてしまいます

毛髪は十分成長できずに抜け落ちてしまい、DHTの影響がある箇所では脱毛信号が徐々に強まるので髪の毛が細く弱くなる軟毛化が進みます。

加齢とともにDHTの生産量は増え続けるので、何も対策を講じないと軟毛化現象は広範囲に広がっていき、長年その影響に曝された毛根は死滅し髪の毛が生えてこなくなります。

一旦死滅した毛根は二度と復活しませんから、毛根が生きているうちに対策を講じることが大切なのです。

DHTを抑制するには

このように貴女の旦那さんや彼氏の薄毛はDHTによって引き起こされ、生活習慣やし好品の影響が薄毛の進行を助長しています。

主犯格であるDHTは体内の5αリダクターゼという酵素がテストステロンを変換することで発生しています。

これを防ぐ作用のある成分を上手く使ってDHTの発生を抑制することが薄毛を改善するために重要になってきます。

病院や専用の薬

病院では専用の薬剤を使って治療を行いますが、内服薬として処方されるフィナステリド製剤精子の数を減らしたり、精力減退、勃起不全などの副作用のリスクがあります

また女性は禁忌で、妊娠中の女性割れた錠剤を触るだけでも胎児に奇形が発生する恐れがあります。

内服中の男性の精子にはフィナステリド成分の移行は僅かなのでセックスによる女性への影響はないとアナウンスはされているものの、医師と相談の上で妊娠を望む奥さんや彼女がいる場合は服用を中止することもあります。

病院の薬剤はこうした副作用のリスクがあるだけでなく、通院の手間などもありあまりオススメできません。

それよりも早い段階で自分で手当てをすることで薄毛を改善することができるので、
まずは自分で手当てをするほうがオススメです。

薄毛の進行度合別にどんな手当をするべきか見ていきましょう!

薄毛の進行別対処法

ごく初期の場合

「ちょっと抜け毛が増えてきたかな?」という程度の場合はまずは育毛シャンプーを試してみましょう。

安価なシャンプーとは異なり、頭皮や毛穴の洗浄力を高めながらも頭皮への負担を減らすように特別に設計されたものです。

頭皮環境を改善し、血行促進成分の他、薄毛の原因となるDHTを抑制する作用のある植物由来成分を配合するなどの配慮がなされています。

育毛シャンプーは本来あるべき健康な頭皮環境に導いてくれるものですが、
せっかくであればここに育毛剤を投入して攻めの育毛をするとさらに効果的です。

薄毛が気になりだしたら

できるだけ早い段階で育毛剤を導入します。
育毛シャンプーで綺麗になった毛穴から育毛剤を浸透させて毛根に攻めの活力を与えてあげましょう。

ただしドラッグストアなどでどこでも手に入るような商品では少々役不足です。

育毛剤を選ぶポイントは血行促進などの一般的な育毛作用だけでなく、
これまで述べてきた薄毛の原因であるDHTを抑制する作用のある成分を豊富に含んでいることです。

主なDHTを抑制する作用のある成分

  • ヒオウギエキス
  • オウゴンエキス
  • ビワ葉エキス
  • キャピキシル

DHTを抑制する作用のある成分が丁寧に配合された製品はネット専売で売られていることが多いので要チェックです。

そしてさらに効果を高めるのが育毛サプリメントです

DHTの影響を体の中から抑制してくれるのがノコギリヤシ亜鉛イソフラボンなどの抗AGA作用のある成分です。

特にノコギリヤシ食事から摂取することができないのでサプリメントで取る必要があります。

育毛サプリメントはこういった抗AGA成分以外にも、髪の毛の元になる各種アミノ酸や育毛・発毛を側面支援するビタミンミネラルなどの栄養成分を豊富に含んでいます

食習慣に不安がある方には特にオススメです。

市場で人気のある有能な製品は育毛剤と育毛サプリメントをセットで開発しているものもあり、相性が良いので薄毛改善の効果も高まります。

妻として、彼女としての接し方

さて、これまで男性の薄毛の原因と改善法をお話してきましたが、貴女の大切な旦那さんや彼氏の薄毛を改善したいならば、
相手任せにせず積極的に働きかけることも必要です。

よくない方法

相手を責めたりけなしたりして奮起を期待する方法は良くありません

あるいは他者との比較も絶対にNGです。

「〇〇君のパパはフサフサなのに、なんであなたはハゲてるのよ」などは単に相手の人格を攻撃しているだけで、問題の解決につながらないどころかパートナー関係まで破壊してしまう恐れがあります。

相手を立てながら、女性として上手く誘導してあげる工夫が必要です。

まずは一緒に育毛シャンプーを試してみる

育毛剤をプレゼントしてあげてもいいかもしれませんが、もしまだ本人が抜け毛や薄毛を自認していないようであれば、きっかけとして育毛シャンプーを一緒に使い始めるのはどうでしょうか。

「あたし最近抜け毛が増えたような気がして、育毛シャンプーを使って見ようと思うの。女性用を検索していたら男性用のも色々あるみたいよ。一緒に使ってみない?」

と提案してみましょう。

実のところ、近年急増している女性の薄毛の悩みも実は加齢やストレスの影響で体内で男性ホルモンの影響が増してくるからです。

ですから多くの女性が予防や対策として育毛シャンプーや育毛剤をすでに使っているんですよ。

なので彼氏や夫自身で抜け毛や薄毛を気にしているのであれば、さらに育毛剤サプリメントを一緒に見てあげると良いですね。

あなたはこのサイトで薄毛の原因をすでに学習していますから、もしまだ旦那さんや彼氏DHTの影響について知らないようであれば、検索して色々調べている最中にそれとなく指摘してあげましょう。

「へえ~薄毛ってホルモンの影響なんだね、DHTっていうのが犯人なのかあ」

「DHTを抑えるにはその作用のある成分を含んだ育毛剤じゃないとダメなんだね」

という具合です。

生活習慣の改善

そして可能であれば生活習慣についても配慮してあげましょう。

バランスの良い食事を作ってあげたり、ストレスが多いようであればグチを聞いてあげたりして日々の負担を減らしてあげましょうね。

まとめ

以上、男性の薄毛の対策とパートナーとしての接し方について見てきましたが、
男性の薄毛は進行性のものですから、対策を講じなければ薄毛の症状はどんどん進行していきます

できるだけ早い段階で対策を講じることで薄毛の改善効果も最大限発揮することができます。

大切な彼氏や旦那さん薄毛を改善していきましょう!