• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月29日
ゴボウ

ごぼうの栄養成分

サポニン

ごぼうに含まれているサポニンは血栓や動脈硬化の原因となる物質が体内で作られるのを防ぐ働きがあるので、積極的に摂取していると、毛細血管に血液が流れやすくなるために、育毛などに役立ちます。

抗酸化物質のクロロゲン酸

コーヒーなどにも含まれているクロロゲン酸は抗酸化物質で、活性酸素を除去することができるので、血管や皮膚を若々しく保つことができます。
とくに30歳を過ぎてから薄毛が進行している人は、紫外線による活性酸素の影響も大きいので、クロロゲン酸などの抗酸化物質を積極的に摂取することで頭皮を若く保つことができます。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンによって活性化される薄毛の原因物質で、この物質の働きを抑えることで、薄毛の進行を遅らせることができます。

ごぼうで頭皮を健康に

育毛をするためには、頭皮を健康に保つことが重要ですが、サポニンには血流改善や免疫機能向上などの効果があるので、必要な栄養素を十分に頭皮に届かせることができるので、体が健康になるだけでなく、太く健康な髪の毛を増やして、薄毛の進行を抑えることができます。
クロロゲン酸はコーヒーなどにも含まれていますが、脂肪を分解させる効果があるので、頭皮の脂質を減らすことができます。
毛穴などに脂肪が詰まっていると髪の毛が細くなるので、薄毛になりやすくなります。
細い髪の毛は寿命が短いので、長くなる前に抜け落ちてしまって、薄毛を悪化させてしまいます。
サポニンやクロロゲン酸は、血管の状態を若々しく保つことができるので、育毛を強力にサポートする成分です。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛シャンプーランキング
IQOS ブラックシャンプー