• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月31日
ドライヤー乾燥

髪の毛がパサパサな状態になってしまって、枝毛が増えてしまったり切れやすくなってしまう乾燥した状態になってしまう原因は、様々なことが考えられます。
しかし共通して言えるのは髪の毛にダメージが入り過ぎてしまった結果であり、しっかりと対策をしないと薄毛や抜け毛の原因にもなってしまうということです。

乾燥の主な原因は!?

防ぐのが難しい

乾燥してしまう原因として、紫外線があります。
紫外線を浴び続けてしまうと髪の毛の水分量が減ってしまいキューティクルが失われてしまいます。
またメラニン色素にも紫外線は強い影響をあたえてしまうので、黒髪がいつの間にかパサパサの色素の抜けた茶色い変わってしまう可能性もあるので紫外線を浴びないように外出するときは日傘を利用したり帽子をかぶったりとしっかりと対策をして守ってあげる必要があります。

ほかにも原因が

髪の毛が乾燥する理由は他にもシャンプーのしすぎやドライヤーのかけ過ぎなど、いじりすぎてしまっていることも考えられます。
髪の毛を清潔にしてきれいにするために行っていることが、逆にダメージの原因になり良くない影響を与えていることもあるので気をつけましょう。
特に何度もドライヤーを使えば当然ですが乾燥してしまいますし、一緒に髪の毛を梳かすと弱っているものが簡単に切れてしまいそこから水分が失われてしまい乾燥してしまうことがあるのです。
その他にもカラーリングのし過ぎなども髪の毛に強い影響がありキューティクルが失われて乾燥してしまう原因になるので気をつけましょう。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

サプリメントランキング
チャップアップ育毛サプリメント