• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月30日
育毛剤

薄毛や抜け毛を抑制し、髪を育てる育毛剤の効果はどのようなものなのでしょうか。
今回は育毛剤の効果について解説していきます。

血行促進

まずは血行促進です。
髪の毛は細胞分裂によって成長していくのですが、そのために必要なものは食事として体内に摂りいれた栄養素です。
消化・吸収されたそれらの栄養素は血液に乗って頭皮にまで届きます。
そして細胞分裂のためのエネルギーとなって髪を生やしたり成長させていくのです。
幾ら血行が良くなっても、細胞分裂が活発にならなくては思うように髪は育ってくれません。
そこで細胞分裂促進の効果もあります。細胞分裂は髪の毛を増やしたり伸ばすために欠かせないものです。
この働きによって健康で太い髪の毛が作られるようになります。

毛穴洗浄効果

そして毛穴洗浄効果です。
頭皮は皮脂の分泌量が多いため、毛穴に皮脂が詰まってしまいがちです。
シャンプーを適当にしていると毛穴にはどんどん皮脂がたまって行ってしまいます。
溜まって行った皮脂は毛穴を詰まらせたり雑菌の繁殖のためのエサになり匂いを発生させるなど頭皮にダメージを与えてしまう他にも健康な髪の毛が生える邪魔をしてしまいかねません。

まとめ

育毛剤は細胞の働きを活性化させて髪の毛が生えやすくしたり、これらの健康な髪を育てていく邪魔をするものを取り除く作用があるものです。
そのため、育毛剤を使ってもすぐさまふさふさになるというわけではありません。
時間をかけて髪の毛を作る環境を整えていくことで、新しく生えてくる髪の量を増やしたり健康な髪の毛が増えることで育毛効果が実感できるのです。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)