• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月28日
親子

親が薄毛だと、自分の将来も気になりますよね?
今回は実際に薄毛は遺伝なのかということについて解説していきます。

親がハゲなら子もハゲる?

昔から両親がハゲていた場合、子供がハゲる可能性があると言われていましたが、現在は母親またはその両親がハゲていた場合に遺伝するという認識になっています。
この学説は2005年に発表された論文によって明らかにされ、薄毛の遺伝子であるX染色体が母親から受け継ぐことで発症を招くというものです。

薄毛の原因

薄毛の原因は男性ホルモン受容体の感受性が高いと、男性ホルモンであるDHTの影響を受けやすく、ヘアサイクルが容易に乱れやすくなるとされます。
この受容体であるアンドロゲンレセプターはX染色体の中に含まれ、親から子へと遺伝として継承されることになります。

重要なのは母親の方

性別として持つ染色体は女性(XX)と男性(XY)となっていて、生まれる男性の子供には母親からX染色体、父親からはY染色体を受け継ぐようになります。

つまり、父親からアンドロゲンレセプターを受け継ぐことはないため、母親がハゲていなければ子供がハゲる可能性はほとんどないと言えます。

母親が薄毛でなくても油断は禁物!

ただし、母方の両親のどちらかが遺伝子を保持していた場合、その子供である母親に遺伝子は受け継がれ、孫となる男性に隔世遺伝される可能性があります。
母親がハゲていなかったとしても、その両親である祖父母に薄毛の症状があれば、孫が将来的にハゲる可能性も十分にあるということになります。
しかし、受け継いだとしても異常化したまま必ず引き継がれるわけではなく、100%というわけではないので、親や祖父母が薄毛を発症していたからといって自分が薄毛になるとは限りません。
また、遺伝子を受け継いでも絶対に発症するというわけではないため、普段から頭皮ケアなどを行っていれば回避することも可能と考えられています。

まとめ

  • 遺伝と薄毛は関係あり!
  • 母親の薄毛をチェック
  • 遺伝を気にする前に普段から頭皮のケアを!

重要なのは親よりもあなた自身です。
健康的な生活をしっかりと送っていますか?
髪に悪い生活習慣をやめてから遺伝や親のせいにしてください!
遺伝だからとあきらめたりせずに正しい頭皮ケアをしっかりとしましょう。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)