• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月28日
ピーマン

嫌いな子供が多いピーマンですが、あなたは食べられますか?笑
今回はピーマンと育毛の関係について紹介します。

ピーマンってどんな野菜?

ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。
学名はCapsicum annuum L. ‘grossum’ であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。

ピーマンの栄養

分量 100gあたり
脂質 0.2 g
ナトリウム 0 mg
カリウム 210 mg
炭水化物 7g
ビタミンC 170 mg
カルシウム 7 mg
0.4 mg
ビタミンB6 0.4 mg
マグネシウム 10 mg

ピラジンカロテンが育毛への効果があります。
詳しい効果は後に解説しています。

よいピーマンの選び方

よいピーマンを選ぶポイントは色とツヤです。

ピーマンは鮮度が落ちると苦みが出たり、種の部分から腐敗します。

  • ヘタの緑が鮮やか
  • 果皮の表面がツヤツヤしてハリがある
  • 肉厚なもの

薄毛の原因

いつまでも若々しく元気でありたいと願っていて、薄毛予防をしている人も少なくありません。

ピーマンの育毛効果を理解するためにもまず薄毛の原因について知りましょう。

男性ホルモンの影響

薄毛はテストステロンという男性ホルモンがある因子と結合する事によって、ジヒドロテストステロンというものに変異し、育毛を阻害する一因になると言われています。

この為に薄毛の悩みは男性の方が多いと言ってもいいでしょう。

血行不良

勿論男性ホルモン以外の要因もあります。
薄毛の原因となっているさまざまな要因を改善していくことが、男女ともに育毛への近道でもあります。

薄毛には血行不良がその原因の一つとして関係していることをご存知でしょうか。

頭皮にも多くの血管が張り巡らされており、血液がその血管を通って循環することで、血液と共に髪の毛に栄養素を届けているのです。

血行不良を起こしていると言うことは、その栄養が十分に行き届かなくなることになります。

その結果、髪の毛の成長を阻害し抜け毛へと繋がっていくのです。

  • 男女共に頭皮の血行不良が原因の場合がある
  • 血行をよくすることで髪に栄養を届けられる

ピーマンの育毛効果

ピーマン育毛・発毛の効果があると言われていることをご存知でしょうか?
とはいっても普段私たちが食べている果肉部分ではなく、ピーマン種やわたにその効果があるのです。

ピラジンが血液をサラサラに

ピーマンの種やわたには、果肉には含まれていないピラジンという成分が多く含まれています。
この部分には独特の苦みがあります。そのため調理の時に取り除くことが多いのです。

しかしながら、この苦み成分のピラジンには血液をサラサラにして血行を促進する効果があると言われているのです。

脳梗塞心筋梗塞の原因とされる血栓を防ぐ効果もあると言われています。

この効果が頭皮の髪へ栄養を運ぶのに影響します。
そのため、ピーマンには育毛・発毛効果はあると言えます!

カロテンで健康な肌

カロテンには肌や粘膜の健康を保つ働きがあります。
そのため風邪予防やお肌の荒れを解消する効果に期待できます!

カロテン油と一緒に摂取すると吸収がよいため、
炒め物などのように油で加熱する食べ方がオススメです!

苦いのが苦手な場合

ヘタが五角形以下のものより六角形以上のものの方が苦みは少ないです。

しかし苦味成分に育毛・発毛効果があるため、
髪を気にしている場合はピーマンの苦味も味わって下さい☆

あわせて行いたい薄毛対策

育毛サプリメント

育毛シャンプー

育毛剤

まとめ

  • ピーマンの苦み成分が頭皮によい効果を与える
  • ピーマンを食べると血液も髪もサラサラになる
  • あわせて育毛剤やサプリメントで育毛対策をするといい

好き嫌いなどせず、調理方法を工夫しながら取り入れたい栄養素ですね。
ぜひ、ピーマンフサフサな髪の毛を生やしましょう。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)