• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年04月05日
帽子の赤ちゃん

帽子を被ると蒸れやすい

帽子をかぶると薄毛になると昔から言われています。
汗で頭皮が蒸れてしまうので、皮脂によって抜け毛が促進されるという考えです。
確かに帽子をかぶることで頭皮が汚れやすくなるのは事実であり、毎日かぶっていると髪が寝て薄く見えやすくなります。
かぶらない状態と比べると、髪によくないのは間違いありません。

帽子をかぶったほうがいいことも

ただ、紫外線の多い時期だと頭皮の乾燥・炎症などを招くため、むしろ帽子をかぶったほうがいい場合もあります。
かぶると皮脂は溜まりやすくなりますが、これは毎日の洗髪でしっかりと落とせば問題ありません。
アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱いと言われていますが、毎日洗髪をしていれば汚れはほぼ落とせます。
一部の汚れは残ってしまいますが、頭皮がオイリーに変化してきたと感じたらクレンジングを使用するなど工夫をすれば問題ないでしょう。
毎日洗髪をしているのに皮脂が多いという方は、二度洗いをすればスッキリと落とせるでしょう。
もしくは洗髪する前に頭皮を10分程度蒸らしておけば、すぐに洗うより汚れは落ちやすいです。

あわせて読みたい
紫外線対策
紫外線の髪への影響とその対策
紫外線が肌によくないということは知られているので、夏場などは特に日焼け止めを利用したりとケアをする人も多くいます。 しかし肌などによくない影響を与えると知っているのに頭皮などをケアする人は意外に少なかったりします。 髪の毛や頭皮も紫外線...

まとめ

帽子をかぶると薄毛になりやすいのは本当ですが、その後のケアをしっかりと行えばほとんど影響は出ません。
むしろ帽子よりもウイッグの影響のほうが大きいと言えるでしょう。
ウイッグは留め金や粘着テープで固定するものが多く、髪や頭皮に負担をかけてしまうからです。
自毛に留め金を装着するタイプは抜け毛の原因となるため、ウイッグよりは帽子のほうが薄毛になるリスクは低いと言えます。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)