• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2017年09月23日

育毛剤には、医薬品と医薬部外品の二つの種類が存在しますので実際に利用を考えている時には両社の製品がどのように違っているのかを理解しておく必要があります。
基本的に、医薬品に分類されている育毛剤は、その名前のとおり薬として髪の毛や頭皮に対して効果を与えることになりますので、医学的な観点からその効果を認められている製品になります。ですから、指示に従ってきちんと使えば薄毛の症状などを治療することができるようになるのです。
一方で、医薬品ということからも分かる通り、医薬品指定されている育毛剤には少なからず副作用が存在します。
例えば、男性型脱毛症を治療するための薬を使うと、その影響によって男性機能の不全を発症させてしまう副作用も報告されています。
医学的な効果を期待することは出来ますが、一般的な薬と同じでそこには何らかの副作用が発生する可能性があるということを認識しておく必要があるのです。
一方で、医薬部外品というのは医薬品に指定されていない製品のことを意味します。
その会社で調べた結果、頭皮や薄毛に対して非常に効果がある製品であるということを宣言したり宣伝したりすることは可能ですが、医薬品に指定されていないのであくまでもその主張は自己主張と自己責任で行わなくてはならず、医学的な観点からははっきりと効果を認めることが出来るわけではありません。
ただし、医薬品のように副作用が存在するわけではありませんので非常に使いやすいメリットはあるのです。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)