• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年04月26日
シャンプーボトル

「育毛シャンプーって効果があるの?」
「どんなものを選べばいいのか分からない」

抜け毛や薄毛が気になる人は「育毛」という言葉に対して、つい敏感に反応してしまうのではないでしょうか。
抜け毛予防のためにはもちろんのこと、薄毛の進行を少しでも食い止めるためには頭皮ケアを行っていかなければいけません。

そうした中で注目を集めているのが育毛シャンプーです。
数多くの種類が市販されており、選ぶのに迷ってしまう人も少なくないでしょう。
そこで今回は、頭皮トラブルを改善してくれる育毛シャンプーの選び方や注意点に関して徹底解説していきます。

目次

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーには、頭皮環境を整えて抜け毛や薄毛の対策、元気な髪の毛が生えてくるように頭皮を健康な状態に保つ役割を担っています。
また、育毛シャンプーとは飽くまでも俗称です。
地肌を意味する「スカルプシャンプー」と呼ばれることも多いようです。

従来シャンプーとの違い

実は、育毛シャンプーには定義が存在しません。
そのため、曖昧に感じてしまう人もいるかもしれませんが、従来シャンプーとの違いはどこにあるのでしょうか。

従来シャンプーの特徴
  • 髪の毛のキューティクルを保つ
  • 髪の毛の見た目をキレイにする
  • 頭皮の状態を意識していない為、皮質をとりすぎてしまう

製品にもよりますが、従来シャンプーはヘアケアに重点を置いています。
対する育毛シャンプーの目的は、頭皮ケアです。
つまり、育毛シャンプーの方が頭皮に優しい成分が多く使われていることが最大の違いと言えるでしょう。

育毛シャンプーに発毛効果はない

比較されることの多い育毛剤には、発毛を促進する成分が含まれています。
しかしながら、育毛シャンプーそのものに発毛効果はありません。
そのため、育毛に必要とされる有効成分を毛根に送り込む役割がないことを覚えておきましょう。

市販されている商品の中には成分を強調しているものも多いですが、飽くまでも育毛に適した頭皮環境を整えることを目的としています。
発毛効果を期待するために育毛シャンプーを使用するのは止めた方が良いかもしれません。

あわせて読みたい
シャンプーボトル
育毛シャンプーは育毛効果がない!?育毛シャンプーの真実
薄毛で悩んでいる方は、テレビCMやインターネットなどで育毛シャンプーと呼ばれる商品が気になった方も多いと思います。 育毛シャンプーについてなんとなく使えば育毛効果があると思っていませんか? でも、あなたは実は、育毛シャンプーについて...

頭皮環境を健康に保つためにシャンプー選びは大切

それなら「育毛シャンプー選びは適当で良いの?」と疑問に感じている人もいることでしょう。
確かに髪の毛を増やしたり、発毛させる効果はありません。
しかしながら、自分に合わないシャンプーを使い続けると頭皮が不健康になる可能性があります。

結果的には、フケやかゆみに悩まされたり、異常な抜け毛を引き起こしてしまう可能性も考えられます。
このようなトラブルにならないように、頭皮環境を整えることは大切です。
このことに重点を置いている育毛シャンプーは、大きな役割を担っています。

育毛シャンプーには2種類ある

育毛シャンプーと呼ばれている商品の中には、「医薬部外品」に分類されるものと「化粧品」に分類されるものの2種類があります。
それぞれにどのような効果が期待できるのでしょうか。
また、これらの分類にはどのように決められていくのか確認していきましょう。

医薬部外品(薬用シャンプー)

厚生労働省に効果が認められた有効成分が一定量含まれたもので、製造販売には統制労働大臣の承認が必要です。
以下のいずれかに該当したものが、承認を受けることができます。

  • 吐き気その他の不快感または口臭もしくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛または除毛
  • 人または動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除または防止

育毛シャンプーは、「脱毛の防止、育毛または除毛」の目的に該当します。
ここで注意したのは、医薬部外品とは薬ではないことです。
そのため、育毛に対して明確な医学的根拠は乏しいものと考えられます。

化粧品

化粧品は、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は、皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗布、散布その他にこれらに類似する方法で使用されることが目的とされているもの」と明確に定義されています。

多くの育毛シャンプーは医薬部外品に該当しますが、一部は化粧品として扱われているものもあります。
化粧品に該当する育毛シャンプーには育毛効果が期待できず、飽くまでも髪の毛や頭皮の美容目的であることを理解しましょう。

医薬品の育毛シャンプーは存在しない

医薬品とは、主に病気の診断や治療、予防を目的としており、薬の規約書である「日本薬局方」に収められています。
そして、医薬部外品や化粧品とは異なり、有効性や安全性、品質などが医学的に証明されています。

発毛剤であれば医薬品に該当するもののありますが、育毛シャンプーには医薬品に該当する商品はありません。
そのため、育毛シャンプーの効果が医学的に証明されているわけではないことは、十分に心得ておきましょう。

育毛シャンプーの効果・メリット

育毛シャンプーの効果は医学的には証明されていません。
しかしながら、その特徴からもさまざまなメリットを挙げることができます。
従来のシャンプーでは実現することが難しいことばかりですので、育毛シャンプーを購入する参考にしてみてはいかがでしょうか。

頭皮環境の改善

育毛シャンプーは頭皮環境の改善に重点を置いています。
つまり、配合されている成分は髪の毛や頭皮に刺激が少ないものばかり。
従来のシャンプーであれば、髪の毛を綺麗に見せるためのシリコンが配合されていたりと、洗浄力の強いものがほとんどでした。

一方で、育毛シャンプーは髪の毛や頭皮に悪いとされている成分はほとんど含まれていません。
頭皮環境にとって優しい成分を厳選して配合しているため、頭皮が乾燥してしまったり、逆に過剰な皮脂分泌を起こしたりと、頭皮トラブルを未然に回避することが可能です。

栄養成分の補給

育毛の促進には、普段の食生活から必要な栄養素を摂取することが大切です。
しかしながら、毎日食事制限をしながら、髪の毛に良いと言われている栄養素を過不足なく取るということは決して簡単なことではありません。

多くの育毛シャンプーには、育毛効果を高めてくれる栄養成分が含まれています。
これらを摂取することで育毛が促進されるわけではありませんが、健康な頭皮環境を形成することができます。
栄養素が不足すると、髪の毛が細くなり、薄毛や抜け毛の原因となります。

添加物が含まれていない

一般で市販されている従来のシャンプーを使っていると、かゆみやアレルギー、炎症といった頭皮トラブルが発生することがあります。
その原因となっているのが、着色料や香料、合成保存料などの添加物が配合されていることにあります。

特に薄毛や抜け毛に悩まされている人の頭皮は敏感になっています。
そのため添加物によって引き起こされる頭皮トラブルが発生する確率が高いのです。
育毛シャンプーであれば、頭皮に悪影響を及ぼす添加物が配合されていないものがほとんどです。

育毛シャンプーのデメリット

毎日使用することによって、さまざまなメリットを受けることができる育毛シャンプー。
しかしながら、デメリットがあることも覚えておく必要があります。
特に従来のシャンプーと比べてどのような点がマイナスとなるのかを確認していきましょう。

一般のシャンプーに比べて価格が高い

どのような商品にも共通していることですが、配合されている成分を厳選しているものは、従来の商品と比べて価格が高くなってしまいます。
育毛シャンプーも例外ではなく、頭皮に優しい成分のみを使用しているため、価格が高い傾向にあります。

中には高級アルコール系シャンプーなど安く販売されているものもあります。
しかしながら、これらは頭皮環境を整える目的で作られていないため、配合されている成分も異なることがほとんどです。
安いなと感じたら、成分表を確かめてみましょう。

自分の体質に合った商品を選ぶ必要がある

従来のシャンプーも数多くの商品が販売されていますが、選ぶ基準の中心にあるのが「好み」ではないでしょうか。
一方で、育毛シャンプーも種類が豊富に存在し、洗浄力が強いものから弱いものまで販売されています。

ここで注意したいのが、どれを選んでも良いというものではありません。
頭皮の状態は人それぞれ異なるため、それに合わせた育毛シャンプーを選択する必要があります。
これを間違えると、効果が十分に発揮できないこともあります。

育毛シャンプーはこんな人におすすめ

この記事を読み進めているということは、少なからず育毛シャンプーに興味を持っているということでしょう。
とは言っても、本当に育毛シャンプーを使う必要があるのか?と疑問に思っているかもしれません。
育毛シャンプーの使用を是非おすすめしたい人の特徴をまとめました。

薄毛や抜け毛対策をしたい人

前述した通り、育毛シャンプーは発毛を促進する効果はありません。
しかしながら、薄毛や抜け毛を予防することはできます。
特にこのような症状があまり進行していない人が、育毛シャンプーを使って薄毛・抜け毛対策をすることに適しています。

生まれつき髪質が細い人や、親族で薄毛に悩まされている人が多い人など、将来的に薄毛になりそうだと感じている人は、早い段階で健康的な頭皮環境を整えておくことをおすすめします。
専門医で治療を受けて改善する前に、育毛シャンプーで予防をしておきましょう。

頭皮トラブルに悩んでいる人

育毛シャンプーを使い人=薄毛や抜け毛に悩んでいる人と思い込んでいませんか?
確かにそういったイメージは強いですが、フケが出やすくなった、頭皮が炎症を起こしてかゆみがあるなどの頭皮トラブルで悩みを抱えている人にも適しています。

特に乾燥肌や敏感肌の人が、市販されている刺激の強いシャンプーを日常的に使用していると頭皮トラブルの症状がひどくなるケースも十分に考えられます。
髪の毛だけでなく、地肌にも優しい育毛シャンプーに切替えて、これらのトラブルを回避しましょう。

髪の毛にハリ・ボリュームが欲しい人

何度も言いますが、育毛シャンプーを使っても発毛を促進することにはつながりません。
しかしながら、育毛シャンプーを使用する目的である頭皮環境を健康な状態に整えなければ、元気な髪の毛が再び生えてくることは難しいでしょう。

健康な頭皮から生えてくる髪の毛は、太くてハリのある状態です。
育毛シャンプーを使い続けて頭皮の健康状態を維持することで、自然と健康的な髪の毛が増え、結果的にボリュームを生むことができるでしょう。

育毛シャンプーの種類

  洗浄力 泡立ち 保湿力 やさしさ
アルコール系シャンプー 強すぎる × ×
石鹸シャンプー 強い
アミノ酸系シャンプー 程よい

シャンプーに使われている主な成分は界面活性剤と呼ばれています。
この界面活性剤の効果によって、頭皮の汚れや余分な油分を落とすことができます。
界面活性剤には大きく、「高級アルコール系」「石鹸」「アミノ酸系」の3つに分類されます。

それぞれの特徴を確認していきましょう。

高級アルコール系シャンプー

市販されているシャンプーのほとんどが、このタイプに分類されます。
高級アルコールという名前からも良さそうに感じますが、薄毛対策には向いていません。
頭皮への刺激が非常に強く、むしり薄毛を拡大させてしまう可能性も考えられます。

見分け方としては、「ラウレス」や「ラウリル」という成分が含まれていることが特徴的です。
どちらも洗浄力に優れており、泡立ちが良く、使い心地が良いと感じるかもしれません。
基本的に価格は安いですが、このシャンプーは避けた方が良いでしょう。

石鹸シャンプー

自然派を謳っているシャンプーのほとんどは、このタイプに分類されます。
頭皮の皮脂だけでなく、毛穴の汚れまで落としてくれます。
そのため、洗髪後の爽快感が良く、スッキリさっぱりな状態が好きな男性であれば満足できるかもしれません。

しかしながら、デメリットはアルカリ性の洗浄剤であることです。
頭皮は弱酸性のため、頭皮が弱い人は避けた方が良さそうです。
また、皮脂を落としすぎてしまうのもデメリットであり、余計に皮脂の分泌を促進させてしまう可能性も考えられます。

アミノ酸系シャンプー

刺激が少なく、薄毛・抜け毛対策に適しているのが、アミノ酸系シャンプーです。
歴史はそれほど長くありませんが、近年種類が増えてきています。
問題の洗浄力が他の2つに比べて強くないため、皮脂を落としすぎる心配がありません。

また、アミノ酸が主な原料となっているため、毛質の主成分となっているタンパク質を多く含んでいるのも特徴です。
唯一のデメリットは少々高価なことですが、本当に薄毛・抜け毛対策をしたいと考えるのであれば、アミノ酸系シャンプーを選びましょう。

育毛シャンプーの失敗しない選び方

市販されている商品の中には、育毛シャンプーと名前が付いていても、頭皮に刺激が強い成分が含まれているものが数多く販売されています。
育毛シャンプーを選ぶ際には、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。
広告の謳い文句だけに惑わされないように、正しい選び方を身に付けていきましょう。

アミノ酸系洗浄成分のみが配合されている

一般的に薬用シャンプーには、頭皮を優しく洗うためのアミノ酸系の洗浄成分が配合されています。
高級アルコール系などのシャンプーだと洗浄力が強く頭皮に強い刺激を与えてしまい、頭皮トラブルの原因となり得る可能性があります。

アミノ酸系洗浄成分であれば、頭皮に強い刺激を与えることなく、頭皮や髪の毛の余分や油などを洗い流してくれます。
評価の高いシャンプーのほとんどがアミノ系の洗浄成分が含まれていますので、成分表をしっかりとチェックしましょう。

頭皮タイプに合わせて

薄毛や抜け毛の原因は、頭皮の状態によって異なります。
そのため、対策方法も一人ひとりに合わせたパターンに当てはめていく必要があります。

頭皮タイプ 選びたいポイント
ノーマルタイプ 洗浄力は弱く、頭皮に潤いを与える有効成分が配合されているのがおすすめ。血行促進効果や抗酸化作用など育毛に効果的とされる成分が入っていれば尚良し。
オイリータイプ 多少洗浄力が強くても問題ないものの、洗浄力が強すぎる高級アルコール系は避けたい。皮脂の分泌を抑える植物エキスやハーブ系の育毛シャンプーがおすすめ。
ドライタイプ 洗浄力が弱いものを中心に選ぶ。保湿力が高いとされるアルガンオイル、ホホバオイル、ツバキ油、馬油などオイル系の有効成分が含まれている育毛シャンプーがおすすめ。

上記以外でもフケが出やすい、かゆみがある、白髪が増えてきたなど、頭皮トラブルの悩みに応じて育毛シャンプーを選ぶように内容を確認していきましょう。

頭皮への刺激が強い添加物が配合されていない

前述した通り、育毛シャンプーのメリットは従来のシャンプーと比較して添加物がほとんど含まれてないことにあります。
しかしながら、一部の商品には「石油系界面活性剤」「香料」「着色料」といった頭皮への刺激が心配される添加物が配合されています。

これらがたくさん含まれている育毛シャンプーは頭皮ケアには向いていません。
それどころか、頭皮環境を悪化させてしまう恐れもあります。
シャンプーによっては、殺菌力が強い防腐剤を配合しているものもあるため、しっかりと確認しましょう。

頭皮へのアプローチ成分が入っている

育毛シャンプーを使用する目的は、頭皮環境を整えて健康な髪の毛を生やすための土台を作ることです。
それにつながるための成分は人によっても異なります。
例えば、化学成分が少しでも配合されていると肌が荒れてしまう人もいます。

そのため、「頭皮環境を整えてくれる」「血行促進」「抗炎症」など、さまざまな効果を持った成分が含まれているかどうかを確認する必要もあります。
シャンプーによって配合成分は異なりますが、薄毛を気にする人は天然成分食物エキスによるものを選びましょう。

ノンシリコンのシャンプーを使う

ほとんどの市販されているシャンプーにはシリコンが配合されています。
よく耳にすることの多い成分ですが、髪の毛の表面をコーティングしてサラサラにする作用があります。
髪の毛にとっては問題ありませんが、頭皮にとっては不必要です。

シリコンが含まれているシャンプーだと、毛穴に詰まってしまい頭皮トラブルの原因となりやすいのです。
「シリコン=良質」と認識している人も少なくありませんが、薄毛に悩まされているのであれば、シリコンが含まれているシャンプーの使用は控えましょう。

育毛シャンプーを使った効果的な洗髪方法

育毛シャンプーの効果や正しい選び方を解説してきましたが、最終的にはシャンプーの仕方次第で頭皮に与える刺激は変わってきます。
育毛シャンプーを使用することも大切ですが、頭皮に負担をかけないで、しっかりと頭皮の皮脂を洗い流す方法を学んでいきましょう。

正しい洗髪方法

頭皮や髪の毛に優しい洗髪方法は以下の通りです。

優しい洗髪方法
  1. シャンプー前にブラッシングを行う
  2. ぬるま湯を地肌までしっかりと濡らす
  3. シャンプーは手のひらで泡立てて使用する
  4. 指の腹でマッサージするように洗う
  5. 洗い残しがないようにしっかりと洗い流す

上記のポイントを意識しながら、日々のシャンプーを行いましょう。
これらは頭皮や髪の毛への刺激を最小限に抑えることを目的としています。
洗髪後はタオルで軽く叩くように水けを切り、ドライヤーで乾かすことを忘れずに。

温度はぬるま湯が良い

重要なのは使用するシャンプーの種類だけではありません。
すすいだりする時のお湯の温度にも注意が必要です。
多くの人が40度くらいで髪の毛をすすいでいるのではないでしょうか。
髪の毛を洗う際は、38度くらいのぬるま湯がベストとされています。

お湯が熱すぎてしまうと、頭皮への刺激が強く、頭皮環境を乱す原因となりかねません。
また、シャンプーをする前にお湯だけで洗うことも忘れずに。
お湯で流すだけでも7~8割の頭皮の汚れは落ちると言われており、頭皮への刺激も最小限に抑えることができます。

シャンプーを手のひらでしっかりと泡立てる

銭湯などに行くと、シャンプーを直接髪の毛にかけている人がいます。
簡単な方法かもしれませんが、髪の毛にも頭皮にも悪影響を及ぼすやり方です。
シャンプーは手のひらでしっかりと泡立てた後で、髪の毛に付けるように心がけましょう。

もしも髪の毛でシャンプーを泡立ててしまうと、髪の毛が摩擦熱によってダメージを負ってしまい、結果的に傷みの原因となります。
また、直接つけることによってシャンプーが毛穴に詰まってしまい、炎症を起こすこともあります。

爪は立てない

髪の毛はゴシゴシと一生懸命シャンプーをした方が良いと思っていませんか?
そのために、爪を立てながらシャンプーをしている人も少なくないでしょう。
やり過ぎてしまうと、頭皮が傷ついてしまい、そこに雑菌が繁殖する可能性もあります。

そうなればフケやかゆみの原因となり、シャンプーをしたにも関らず頭皮トラブルが発生してしまいます。
基本的なシャンプーの仕方は優しくなじませる程度です。
それだけで皮脂の汚れは十分に洗い落とすことができます。

あわせて読みたい
シャンプー
間違っているとハゲる?正しいシャンプーの方法
シャンプーは間違った方法で行うと頭皮を傷つけたり、毛穴が詰まることによって抜け毛に繋がる場合が出てきます。 そのため、抜け毛の予防のためには、正しいシャンプーの方法を身に付ける必要があります。 正しいシャンプーの方法とは 始めにお...

まとめ

育毛シャンプーに発毛を促進する効果はなく、飽くまでも頭皮の環境を整えることが目的です。
それでも、薄毛や抜け毛に悩まされている人は、こういった根本的な部分から改善していく必要があります。
従来のシャンプーよりも頭皮へ与える刺激は少なく、頭皮や髪の毛を健康に保っていくことが可能です。
いくつか試してみて、自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛シャンプーランキング
IQOS ブラックシャンプー