• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月29日
運動

運動不足になると薄毛になる可能性があると聞くと、なぜと思うかもしれません。
しかし運動不足になると身体によくない影響があるということは知っている人も多いのではないでしょうか。

運動と髪のメカニズム

血行が悪くなる

どのようなメカニズムで運動不足が薄毛に関係してくるのかというと、まず血液の流れが悪くすることが関係してきます。
血液の流れが悪くなると毛根まで栄養がしっかりと届かなくなってしまいます。
すると丈夫な毛根が育たなくなってしまうので髪の毛が細くなってしまったり、抜けてしまったりすることになり薄毛の原因になってしまうのです。
また血液をうまく循環させるためにはポンプの役割のある筋肉の量が必要です。
運動不足で筋肉の量が減ってしまえばそれだけ血液がうまく身体を循環させることができなくなってしまい、血行不良の状態になってしまういます。
そうなると身体中の代謝も悪くなってしまい、髪が育つ環境も悪化してしまうことになります。

代謝が悪くなる

そして代謝が悪くなるということは太りやすい体質になってしまい脂肪もたまりやすくなってしまいます。肥満状態になると皮脂の分泌が増えるようになり、毛穴をふさいでしまう可能性が出てくるので、抜け毛など薄毛の原因になってしまいます。

まとめ

運動不足になるとこのようにさまざまな薄毛の原因が発生してしまうので、育毛のためにも健康のためにも適度な運動が必要といえるでしょう。
運動をして身体を動かせば、ストレスも発散することもでき血液の流れをよくし育毛にも良い影響を与えることができます。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛シャンプーランキング
IQOS ブラックシャンプー