• 公開日:2017年09月28日
  • 最終更新日:2018年03月29日
ハンバーガー

薄毛の原因は遺伝的な要素や男性ホルモンのバランスが崩れること、ストレスや頭皮の間違ったケアの仕方などいろいろありますが、毎日の食事などの生活習慣に密着したことも大きな影響を与えることがたくさんあります。
薄毛を予防するためにも、育毛に良い影響を与えるためにも食べ物には気をつける必要があります。

内蔵への影響

特に暴飲暴食や栄養不足は内臓を酷使することになります。
内臓が酷使されると血流が悪くなるなど様々な影響が身体に出てきますので、巡り巡って頭皮に栄養が行き届かなくなってしまったりして薄毛になってしまう可能性が出てくるので気をつけましょう。
その他にも不規則な生活や睡眠不足も髪の毛の成長を阻害する原因になります。

しっかり栄養をとっていても

また食事で身体に良い栄養をとっていたとしてもタバコを吸ったりすれば栄養素を壊してしまうことにもなります。
薄毛を予防して育毛によくない食生活は、食べ物も重要ですが食べるタイミングにも気をつけたいところです。
例えば育毛にいい食べ物でも夜寝る前に食べてしまうと、消化するためにエネルギーを使ってしまうので、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンの分泌を阻害してしまう可能性があります。
そして血流なども胃腸に集中されてしまうため、栄養が髪の毛まで届かなくなってしまうということも考えられるのです。

まとめ

塩分の多い食事やお菓子やジュースなど糖分が多い食べ物、動物性脂肪の多い食べ物は食べ過ぎると血液の流れが悪くなる可能性があるので食べ過ぎないようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛シャンプーランキング
IQOS ブラックシャンプー