• 公開日:2017年09月23日
  • 最終更新日:2018年03月29日
ヘアワックス

十代や二十代の若い男性の薄毛の原因の一つにワックスの使用が関連している場合があります。
髪型をクールにアレンジするためにワックスの使用が欠かせないというおしゃれな男性にとっては、ショックかもしれません。
しかし、目先のおしゃれにとらわれてしまうあまり髪の毛を失って若ハゲになってしまっては元も子もないですね。

整髪料の頭皮への影響

ワックスなどの整髪料は、髪の毛だけにつけているつもりでも、本当はかなりの量が地肌にべっとりと付着している状態です。
しっかり頭皮を洗っているなら問題はありませんが、ワックスが毛穴に詰まることが頭皮環境を悪化させ、代謝を鈍らせたり、髪の毛が弱る原因になっています。
そのせいでハゲてしまうのですね。

ワックスを正しく使おう

ワックスが原因でハゲてしまうなら、使い方が間違っている場合があります。
べとべとと大量に使っていると毛穴を詰まらせやすいですし、つけたまま眠るのは絶対にやってはいけないことです。
このようなことをしているなら速やかに中止しましょう。
可能なら、整髪料そのものの使用を中止するのがいいのかもしれません。
短髪にしてしまえば、そもそもワックスを使う必要性はなくなります。

それでも整髪料でかっこ良くセットしたい!

でも、どうしてもワックスや整髪料を使って髪型を決めたいという場合は、界面活性剤フリーのものが出ていますから、それを使いましょう。
植物の天然成分をベースにしているタイプも頭皮に優しいですから、抜け毛も起こりにくいでしょう。
育毛剤のメーカーから販売されている整髪料もあります。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

育毛剤ランキング
チャップアップ(CHAPUP)